『STEAM』Project Zomboid初プレイ感想

ゾンビアポカリプスの発生から時間経過の概念を元に体験するサバイバルシムレーション『Project Zomboid』をプレイしてみた。

このゲームは現時点でSTEAMで購入する事が出来るがαテスト段階である。
バグなどもあるようなので手を出す人は相応の心構えでプレイして頂きたい。
自分は大きな障害も無くプレイ出来たが中にはゲームが起動しない人もいるようだ。

ゲームの中身だが『Project Zomboid』はいつかは訪れる死をどれだけ先延ばしに出来るかがゲームの目標となっているらしい。
ゾンビアポカリプスが発生し数日は電気も水道も使用出来る。
その後ライフラインは序所に止まり、生鮮食品の類は腐って行く。
ゾンビアポカリプス直後はまとまりの無かったゾンビ達も再編成し大群となって都市部を徘徊する。
水は井戸から確保出来るが食料に関しては自給自足をしていかなければならない。
木材を集め自分の拠点を築き、強化し最後までアグレッシブに生きるか食料を溜め込み緩やかな死を待つか選択するそういうゲームのようだ。

初めてゲームに降り立ったプレイヤーは生き方が判らず直ぐに死ぬ事だろう。
見下ろし型のゲームではあるが視界の概念が存在し目を向けていない方向は背後に近づかれるまで見えなかったりする。
ゾンビの声、ドアを叩く音、窓が割れる音などで周りの状況を判断しなければならない。

最初の一日目は暗くなる前に何か武器になる物と少しの食料が手に入れば上出来である。
水についてはキッチンなどから摂取出来るだろうし最悪トイレの水も飲める。
トイレの水を喜んで啜るプレイヤーもいる事だろう。
戸棚などにポテトチップスがあったりする。
トイレの水とポテトチップスは最高の晩御飯だが後々生鮮食品から食べておけば良かったと後悔する事だろう。

ProjectZomboid64 2014-08-12 00-06-54-386

夜については本当に真っ暗だ。
光源を所持していない場合は出歩かないのが無難だろう。
明るいうちに拠点を決め、窓にカーテンを付けゾンビの視界を切り朝が来るのを静かに待つ。
朝を迎えられればまた1日生き延びるチャンスを得る。

もし怪我をしてしまったら手当てをしよう。
重症で無ければ治るかもしれない。
包帯などは布製品を加工する事で手に入れられる。

怪我したが包帯も持っておらず手短に布製品も無い。
それならば自分の着ている服を包帯にしてしまえばいい。

下着だけの状態だと寒くて体力を落とすかもしれないが。

そんな過酷な世界も仲間が入ればずっと楽になる。

ProjectZomboid64 2014-08-11 23-29-28-138

ゾンビを倒してくれるし、盾や囮にもなるし死んだら荷物を頂ける。
マップが広いので仲間と合流するのは簡単ではないが目印となる建物を見つける事が出来れば合流する事も出来る。

このゲームをプレイしていると自分がまるでゾンビ映画の登場人物になったように思える。
息も絶え絶え合流したにもかかわらずゾンビの大群に追われ民家に逃げ込んだがゾンビの進入を許し散り散りに逃げる。

ちなみに私は周りの足を引張りまくる可愛い女子高生プレイが得意である。

ProjectZomboid64 2014-08-12 00-15-41-699

大声を出してゾンビを呼び寄せつつ真っ先に窓から逃げる。
この一連の動作を自分が傷付く事無くこなすのが匠の技だ。

一段落してひょっこり顔を出すのがなんともお茶目。

現段階では残った物資を集めつつその日を生きるのが精一杯。
生存日数を延ばす要となるクラフト関連は未だ手付かずである。
それでも複数人でプレイすればお腹が痛くなるぐらい笑えるゲームであるのは間違いない。
今後のアップデートにも期待が持てるので楽しみなゲームである。

Sponsored Link
336×280
336×280